学生でも借りれる?! コレ、本当?!

一年制の専門学校に通っていた時、初めて一人暮らしを経験した私は「家計を切り盛りするお母さんマジスゲェ!」なんて思っていました。
一応仕送りから、お小遣いもあったのですが……やはり18歳。遊びたい盛りです。
メイク用品に服代、欲しいものは山のようにあったものですが、やはりお金も無いのだから叶いません。その上、私の通っていた専門学校では『よっぽど事情が無い限りバイト全面禁止!』とやや厳しい学校だったので、バイトもしていませんでした。
仕送りで送ってもらった米に99円ショップのレタスにツナ缶という非常に質素過ぎる、否やヤバすぎる食生活を送って小遣いを増やすなんて事もしていました。

2016.02.更新3.11
しかし、最近知った事ですが、ここ最近のキャッシングって学生でも借りれるんですね。
とは言え、当時もしそうだったとしても収入の無かった私が借りれたか? と言えば、借りれませんが……素直にすごいなと驚いてしまったのです。

けれどどうして学生が借りれるようになったのでしょうか?
少しだけこの事に興味を持って調べたのですが……この理由はキャッシングの法的ルールでもある『総量規制』が深く関わっていました。

総量規制の法律とは2006年12月から適合されたものですが、これは年収の3分の1までしか借りる事ができないというルールです。
ですので、年収300万円の人でしたら100万円の融資までしか受ける事が出来きません。
以前でしたら、例え年収300万であったとしても200万の融資OKだったのですが、これが叶わなくなった分、お客さんも減り消費者金融は利益が上がらなくなり困ったのです。
そこで”安定した収入のあるアルバイト学生”のキャッシングを解禁をした……という説が囁かれています。
確かにこの総量規制適合後から学生向けプランなども多くなった等とどのキャッシングサイト比較サイトでも言われて居るので、この理由は非常に納得出来るものです。

しかし、キャッシングと言えば=借金ですからね。
もうこのブログで口を酸っぱくして言ってる事ですが、責任問題も重たいものなのでうかつに手を出すべきではないとは個人的には感じるものです。
けれど「いざ現金が必用だけど足りない!」なんて時の切り札として知識だけは備えておいても良いのでは? なんて感じるものですね。