キャッシングって誰でも借りれるの?

どうしても必要なお金が足りない時に便利な手段と言えば、消費者金融のキャッシングサービスをまず連想するものですよね。
最近では面倒くさい審査もネットで1本でOKなんて会社もあるのでとても身近で便利な存在には違い無いと感じるものです。
それに返済時も指定した銀行口座から引き落としといったものが殆どなので、クレジットカードを使うのと感覚もそこまで変わらないものだと言う人も居ます。
しかし、こういった消費者金融のキャッシングサービスは誰でも利用する事が出来るのか? 少し疑問に思えてしまうものですよね。それに最近では専業主婦OKのカードローンもあるくらいなので男性のみならず収入の少ない女性でも利用をしている方って結構居るものです。

この結論を早速言ってしまうと、消費者金融のキャッシングサービスに限っては収入0の人が借りる事はまず出来ません。

2015.09.11-2
考えてみれば当然の如く分かる事かも知れませんが、消費者金融だって会社ですからね……利息を取って儲けを取るものです。じゃなければ成り立たない事くらい安易に分かる事ではないでしょうか? つまりは、返済能力の無い人にはお金を貸すなんて事が出来ないという事が理解出来るのではないでしょうか。

また、キャッシングには総量規制という法律が適合されています。
これは年収の三分の一までしか借り入れが出来ないというものです。
例えば、年収120万円の所得を得ていると仮定するのであれば、40万円が上限となるという事です。それによって無理の無い返済が出来るという事に結びつくものでキャッシング会社側も保守的だと感じるものですね。
逆にカードローンの場合ですと、この総量規制の法律が適合されていないので、借りる上限額がキャッシングよりも多いものですが、カードローンの場合は審査がキャッシングよりも細かいと言われて居ます。まずキャッシングにしてもカードローンにしても審査が甘い会社は存在しないものですが、キャッシングよりもカードローンの方が借りるまでの手続きが少し厄介だといわれています。
いざ借りるとなる時、どちらで借りるか? これら双方をしっかりと比較した方が良いと言えますね。

借りたお金そのままにするとどうなる?

キャッシングと聞くと、かなり身近で便利なものというイメージがあるものですよね。
ネットで楽々と審査も出来て、即日融資OKなんて会社もあるので、本当に困った時便利な手段では? と、考える事が出来ます。
しかし、キャッシングと言うとかなりライトな風に聞こえるものですが、それでも借金をしている事と何ら変わりませんからね……。
この借金もしも返さずにそのままとなれば、どうなるのか? これを考えた事はありますか? ケースによって降りかかる事や対処の方法を説明していきましょう。

2015.09.11-1

まず、借金を返済する事も無くそのままにして放置してしまえば、業者は様々な手段を取って、お金を回収しようとしてきます。
例えば、返済予定日を大きく過ぎているのに一銭も返さない・連絡も来ない・キャッシング業者から電話も無視するといった状況になっても無視を続けるといずれ業者の担当者が家に訪ねて来ます。
直接的に家に訪問してくるとなると、必然的に闇金を連想させるところもありますが、これは闇金だけではなく、通常のキャッシング会社でも同じ事が言えます。
こういった事って法律的にNGじゃないのか? と、考える方も居るようですが、実は今現在の法律では債権者が時間や内容を守って訪問してくる事は禁止されていないのです。

また、安定した収入があるにもかかわらず返済を行わない場合、業者は法的な手続きをしてから給料を差し押さえする場合があります。

最終的に言える事は、何らかの事情があるとは言え、返さないからからと言って放置する事が最も良くない事です。
自分の意志でした事ですよね? これを返せないからと言って開き直り放置をしてしまえば、何らか自分が社会的な不遇な立場になってしまうという事を忘れてはいけません。
借りたものは返すという事が当然には違いありません。もしも利息が高くて払う事が出来ないという場合は正しい手続きをして利息分をカットする他、新しい返済計画を立てて支払っていく事が最善だと言えるでしょう。
やはり借金をするという事はそれだけ責任の問題が重たいものだという自覚を持つ事が最も大切なのでは? と、考える事が出来ますね。