仕事を辞めて生活費のためにお金を借りた話

私は、仕事が辛くて辞めてしまい無職の期間が数ヵ月続きました。貯蓄が無くなる前には働こうと思っていたのですが、思うように仕事が見つかりませんでした。正社員を希望していましたが、お金のために派遣の工場で働くことになりました。給料が出るまでの1ヶ月間のことを考えていなかったので、一ヶ月分の生活費が支払えなくなり、消費者金融にお金を借りようとしました。インターネットで申し込んだのですが、仕事をしていないと審査が通らないことが分かり、消費者金融から借りることはできませんでした。消費者金融でなくても、クレジットカードを持っていたので、そこからキャッシングをしようと考えました。机の上にクレジットカードを置いていたのですが、家に友達が訪ねてきた時に、そのことを聞かれました。友達に金利がもったいないから借りるのは止めるように言われました。友達はコンビニのATMに行き10万円を下してきて、私に貸してくれました。派遣社員のため、全部返すのがいつになるかわからないと言ったのですが、いつでも良いと言ってくれて、なんとか生活費を支払うことができました。その後、月々2万円ずつお金を返していき、5か月後には借りたお金を全て返すことができました。